天気と自然治癒力

今年の10月は30℃を超える真夏日並みの気温が続いたり、急に20℃以下になったりと気候の変動が激しいですね。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

天気予報士ではないので、気候の変動やメカニズムについて詳しくは分かりませんが、天気を観察していると、体の変動に似ていると思うときがよくあります。

 

 

 

例えば、真夏日の急な土砂降りなどは、人間の体が病気や風邪をひいて熱をもったときに汗をかいて体を冷やす働きに似ています。

 

台風の後の一点の曇りもない快晴の青空なども、体調を崩した際に熱を出して免疫の働きを高めて、積極的に汗をかき、体の中の疲労や毒素を体外に排出し、ゆっくり休んだ後に訪れるスッキリした気分にも似ています。症状が出ている時はもちろん辛いですが…笑

 

このように人間の体には自分の体の中の力で疲労を取り、免疫力を高めて、日々を健康に過ごすことができる力があります。病気の時はお医者様の力を借りたり、薬を飲んだりすることももちろん大切ですが、なんでも薬に頼る生活は体が本来持っている免疫力・快復力などを低下させてしまうリスクも伴います。

 

 

 

普段、薬を3つ飲んでいたのなら2つに、徐々に1つにと減らしても元気でいられるように、少しでも自分の体の自然治癒力を発揮できるお手伝いを私たちは行なっております。(もちろんお薬を減らす際はお医者様にご相談して下さい^^)

 

指圧・マッサージを行なうことによって血流も良くなり、体もリラックスし、免疫力も向上していきます。また、体の痛みや不調、病気による不調を緩和するお手伝いも行なっております。

 

患者様の毎日がより健康で、より元気に過ごせるようにサポートさせていただければ幸いです。

 

 

 

雪田(Yukita)

 

2019年10月08日