ブログ(記事)

優治院のブログ(記事)です。医療や健康、マッサージについて身近なことから専門的なことまで、掲載しております。

少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。

ブログ一覧

学習性無力感ー自分ではコントロールできない状況

私たちは仕事や学校、生活などにおいて”やらなければいけないこと”が日常に多くあります。仕事では目標の売上達成までの段取り、納期までに仕上げること、ホウレンソウ、ルーティンワークなどがあり、学校では定期テストやレポートなどの課題や宿題の提出、生活では料理や洗濯物、掃除などが”やらなければいけないこと”の例として挙げられます。

 

”やらなければいけないこと”というものの多くは、自発的に取り組み喜びを得る趣味などとは異なり、「あぁ、疲れるな」「乗り気じゃないなぁ」「早く終わらせたいなぁ」と、精神的な負担を伴いますよね。

(もちろん上記に挙げたことは例えばの話ですので、「楽しい」「そこまで負担とは思わない」と感じる事柄は人それぞれあると思います)

 

得意なことや好きなことは誰かの指示がなくても自発的に行動するでしょうし、課題として取り組む必要があったとしても、乗り越えることができる可能性は高いと思います。

 

ですが、もし自分が不得意だったり、あまり好きでない分野や事柄において自分がうまくこなしたり、対処することができない状況になった場合に多くの人はどうなるでしょうか?

 

 

 

皆さんはすでにご存じかもしれませんが、ここで心理学の実験を1つ紹介したいと思います。

1967年に心理学者であるマーティン・セリグマンとマイヤーという方が、犬を用いた実験を行ないました。この実験はある環境を用意して、その中で犬に対して不快感を生じる電気を流し、犬がどのような反応を見せるのかを観察した実験です。

 

まず、彼らは最初に犬を

①ボタンを押せば電気ショックを回避できる犬のグループ

②ボタンがなく、ただ電気ショックを受けて耐えるだけの犬のグループ

の2グループに分けて、しばらく電気ショックを与えることを行ないました。

 

そして、次の日に、真ん中に仕切りが置いてある箱を用意しました。この仕切りは犬が飛び越えることができる高さで作られており、仕切りを中心として片側には電気が流れる床、片側は電気が流れない床の構造となっています。

 

そこでまず①の犬(初日にボタンを押せば電気ショックを回避できることを学んだグループ)を電気が流れる側の床に置きました。①の犬は電気ショックを受けても、次第に真ん中の仕切りを飛び越えれば電気ショックを受けないことを学習し、電気の流れない側の床へ移動することができました。

 

次に②の犬(初日にボタンがなく、ただ電気ショックを受けて回避することができなかったグループ)を電気が流れる側の床に起きました。すると、②の犬は電気ショックを受けても仕切りを飛び越えるような行動を起こさず、その場にうずくまってしまい、ただただ電気ショックに耐えることしかできませんでした。

 

この実験を通して、セリグマンらは”何をやっても不快な状態から逃れられないこと(電気ショックを受けて、その不快な状態から逃れることができないこと)を経験して学んでしまった犬は、その状況を逃げ出す手段(仕切りを乗り越えて電気ショックを受けない側の床へ移動すること)があるにも関わらず、何も行動を起こさなくなることを発見しました。この何をやっても状況を変えることができない、自分は何をしてもダメなんだと、身動きが取れなくなることを”学習性無力感”といいます。

 

その後の研究により、この”学習性無力感”は犬だけでなく、他の動物たちにもみられ、人にも当てはまる現象であることがわかりました。

 

 

 

私たちでも自分ではどうしようもない状況、乗り越えられないと思う状況を経験すると、抑うつ的になり、意欲もなくなり、前向きな行動を起こすことが難しくなります。これはその人のストレス耐性や、生育環境、人間関係など様々な個人的要因に左右されますが、基本的には困難な状況を経験すると多くの人は抑うつ状態となってしまいます。

(かくいう私もその一人です)

 

例えば、恋愛や結婚は相手があってこそできることであり、自分1人だけで何でも行動したり、対処できるわけではありません。なんらかのトラブルや行き違いがあり、その関係が解消されたとき、「もう立ち直ることなんてできない」「やる気が全く起きない」「どうしたらいいのかわからない」「もう私を愛してくれる人なんていない」と、想いや情の強い関係だったときほど、悲観的になりふさぎ込んでしまう、そんな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

冷静に考えれば、某元芸能人の方のネタで「地球上に男は何人いると思っているの?→35億」と、言われるように、恋愛できる可能性のある相手は身の回りやこの世界のどこかにいますし、恋愛というのは一度だけしかできないことではないのですが、失恋したときはいくらそう言われたとしても辛さが勝ってしまい、周りのことをみる余裕がなくなってしまいますよね。

(もちろん、そこまで思わない人もいますし、何を大切にしているかの価値観の個人差も大きいですし、無理に探して恋愛や結婚をしましょうということでもありません)

 

また、学校の試験でどうしてもできない科目があったり、試験をパスできない、成績が上がらない、受験に失敗したなどの状況を経験すると、すべての人に当てはまるわけではないですが、「どうせ勉強しても仕方ない」「頭が悪いから何しても無駄なんだ」「どうせ私なんか何してもできない」と、努力することや、勉強に取り組むことを諦めてしまうこともあります。

(得手不得手は誰にもでもありますし、すべてを努力するとかではなく、力を抜いたほうが良いことも世の中にたくさんあります)

 

 

 

”学習性無力感”とは聞きなれない言葉かもしれませんが、このように私たちの日常でも起きている、あるいは起きる可能性のある身近な現象です。

 

もし、このような無気力、抑うつ的な状況になった場合に、どうしたらこの状態を改善・回復することができるでしょうか?まず、改善に先立ち、この状態に至る場合には年齢や経験、育成環境、能力、性格などの個人的要因、その人がおかれた状況や人間関係などの環境・社会的な要因が複合的に関係してくるので、一つだけの解決策をあげることができないことをお詫びしておきます。

 

また、今回は長くなってしまいましたので、”学習性無力感”の概要についてのご説明で終りにしたいとおもいます。次回、この”学習性無力感”の状態、あるいはそれに近いような心の状態になった場合に、どうすれば改善できるのかについて、いくつかの方法やケースを述べたいと思います。

 

図もなく、稚拙な文で読みづらかった箇所もあるかと思いますが、お読みいただきありがとうございました。

 

 

優治院スタッフ

 

 

2020年05月03日

寝たきりと健康について

私たちが行なっている活動の一つに「訪問マッサージ」という仕事があります。医療の業界に関係のある方、接する機会が少ない方々には馴染みのない言葉かもしれません。る機のある方でないとあまり馴染みが無く、聞いたことがないかもしれません。

 

「訪問マッサージ」とは医師の同意のもと、ご病気や怪我など、何らかの理由で歩行が難しい方や、外出が困難な方のご自宅(施設)に伺い、マッサージやストレッチなどによって身体の状態を改善する医療保険(1回300円~600円前後)を使ったサービスです。

 

内閣府が平成28年に発表したデータによれば日本の人口の4人に1人が65歳以上の方で占められているそうです。75歳以上で計算すると10人に1人の割合になるそうです。まだ先の話ですが、2065年になると人口の2・6人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上の方になるそうです。(高齢化の現状と将来像、高齢社会白書、内閣府、平29年)

 

 

 

現在もご年配の方が老後を健やかに暮らすための有料老人ホームがあちこちに新しく建てられており、施設の方にお話を伺うと入居者の方の募集を行なうと1年もせずに定員に達し、人気のある施設の場合、入居待ちの方が100人ほどいらっしゃるところもあるそうです。

 

私も施設にご入居されてらっしゃる方に対して、体の痛みの緩和・関節の拘縮の予防の為に週に2,3回訪問してマッサージをする仕事を何年間か続けてきましたが、そこでいくつか気付いたことがあります。私が訪問させていただいてる患者様以外の入居者の方々と顔なじみにもなり、数年経つ頃にふと周りを見渡すと、以前は杖歩行で歩いていた方・ご自分の足で歩けていた方が車椅子の生活になっているケースが多かったということです。

 

 

 

もちろん年を重ねていくうちに足腰が悪くなり、車椅子で生活される方もいらっしゃいます。ですが、施設で勤めている、主に入居者の方に歩行訓練やストレッチなどを行なうことによって立つ・座る・歩くなどの人間の運動機能を高める・支える専門家である理学療法士の方のお話を伺うと、「1日何十人の方のリハビリや訓練をしないといけない場合、一人の方にかけてあげられる時間が少なく、体の状態が改善されず、状態が落ちていってしまう方もいる」「体の状態が良い方はリハビリの時間だけ体を動かすのではなく、生活の中でできることは出来るだけ自分で行なっていたり、散歩に出られたりする方が多い」とのことでした。

 

人間の体は動かしたり、散歩をしたり、買い物に出かける、洗濯物をたたむなど、使っていく事によって発達し、鍛えられていきます。逆に、ずっとベッドで寝たきりでいたり、散歩に出かけなかったり、体を動かさないでいると筋力や肺活量、運動機能が落ちていき、いままでできたことができなくなったりしていきます。これを廃用症候群(廃用性委縮)といいます。

 

 

 

仮に入院や怪我などにより体を動かさずに寝たきりの状態が続いた場合、1週間で15%ほど全体の筋力が落ち、体力低下も含めた回復には1ヵ月ほどかかると言われています。

筋力や体力が低下すると様々な運動機能低下や精神的な活動の低下が起こります。

 

いままでできたことができなくなるというのは誰しもが悲しさや寂しさを覚えるものです。ですが、この仕事に携わり、一度体の状態がマイナスになってしまった方が、リハビリやマッサージによって元気に回復していく多くの姿をみることができました。

 

 

 

私がこの仕事を通して患者様から学んだことは、人はいくつになっても健康であることを望んでいて、かつ、実際に何歳になっても健康になることが可能であるということです。もちろん40歳の方が20歳のように、80歳の方が40歳のように体を動かす事はできませんが、その年齢における健康レベルというのを数パーセントでも高め、日常生活の質(QOL)を充実させることができることを学ぶことができたのは幸運なことだと感じています。ベッドから起き上がることができなかった方がベッドに腰かけて好きなテレビを見ることができるようになったり、階段の昇り降りができなかった方が介助無しでゆっくりでも昇り降りができるようになったりなど、普段私たちが何も意識せずに体を動かし、生活できていることがどれだけ幸せなことかということを患者様から教えていただきました。

 

また、誰か病気や体の不調で苦しんだ方が一人でも快復されると、それは同じような症状で苦しんでいる方の快復への希望になります。もちろん、体というのは目が二つあって、腕と脚が2本ずつあってとみんな似たような構造ですが、体の動き方、疲労が溜まっている部分、働いてる職業、その人のもっている癖、好みなどは全員異なります。誰一人として同じ体の状態の人はいませんし、同じ症状でも快復する手段はそれぞれ異なりますが、症状が快復する可能性があると患者様本人が感じることができた瞬間にその方はどんどん快復していきます。

 

 

 

とても不思議な事ですが、こちらが一生懸命医学の知識を伝えたり、説明しても患者様の状態はあまり良くなりません。むしろ煙たがれますが、患者様が治りたいと思った場合、私でも治るかもしれないと思った場合にメキメキと快復していきます。マッサージというとただやってもらう、テレビを見ながらマッサージを受ける状況だとあまり効果がなく、患者様がいまの状態が辛いのでどうしても治したい、なんとかしたいと思ってる方ほど回復が早いです。お腹が空いているほうが、ご飯も美味しく食べることができ、栄養の吸収も良好なことに似ているのかもしれませんね。

 

マッサージというのは一方的な行為ではなく、施術者と患者様双方の気持ちが一致して行なう共同作業なのだと、この世界に入り10年を経てから気付くことができました。

 

これからも健康の大切さを学んでいきたいと思います(^^♪

 

 

 

優治院 スタッフ

 

2019年10月16日

身体と心の関係

 皆様は、身体と心はどのような結びつきがあるとお考えでしょうか?

まったく別物とお考えの方もいらっしゃると思いますし、なんとなく関係があるとお考えの方など様々なご意見があると思います。

 

 

 

 僭越ながら私のごくわずかな経験から意見を述べさせていただくと、身体と心には密接な関係があると考えています。身近な例をあげれば、好きな人ができてウキウキした気分になると表情も明るく豊かになりますし、肌のツヤも良くなりますし、食欲も出てきます。また、反対に誰かに怒られたり、悲しいことがあると、憂鬱な気持ちになると同時に、食欲も減退したり涙が出てきたり、お腹が痛くなったり、肩を落としたりします。皆様にもきっとご経験があるのではないかと思います。

 

 

 もう少し専門的な話をしますと、何か怒りやストレスを感じたり、スポーツなど運動する必要性のある場面が生じると、身体の中の神経が「戦い、運動モード」に切り替わり、脳から全身に指令を出し、アドレナリンというホルモンが出て、心拍数を高めてどんどん全身に血液を送り、筋肉を活発に動かすために血圧を上げたり、周囲の状況をより把握する為に目の瞳孔が拡がり、運動機能を上げる為に呼吸の回数が上がったりします。

 

 

 上記のように身体を活発な状態にする神経を交感神経といいます。反対に睡眠や休息時など身体をリラックスした状態にする神経を副交感神経といいます。この二つの神経を合わせて自律神経といいます。通常は、朝~昼にかけて交感神経が活発になり、学校へ行ったり、会社に行ったり、買い物をしたりと行動に適した状態となり、夕方~夜にかけて副交感神経が活発になり、テレビを見ながらリラックスした時間を過ごしたり、ゆったり食事をとったりして、就寝するといったリズムがうまく取れるようになっています。しかし、毎日ストレスを感じたり、疲れがピークに達して、この自律神経のバランスが崩れると、夜に眠りたくてもなかなか寝付けない、朝起きると元気が出ない、いつもだるさや疲労を感じていてやる気が出ない、いつもイライラしている、会社に行きたくない、いつも昨日の事や過去の出来事を考えてしまって前に進めない状態から抜け出せないなど、身体のみならず精神的な影響が出てきます。

 

 

 このように心(気持ち)と身体(行動・神経など)には密接な関係があります。食欲がまったく出ない、眠気がとれない、身体がだるいなどの身体的な症状ではなく、気分が優れなくなったり、うつ的になったり、元気が出なくなったり、いままで好きだったことに興味がなくなってしまったなど、精神的な症状が出てきた際に精神科を受診したり、カウンセリングを受けることによって解決する場合もありますが、心が疲れたり、限界がきて精神的な症状が出ているときというのは、ご自身でも知らない間に神経が疲れて身体にも疲労が慢性的に溜まってしまっている場合が多いのも事実です。ですので、心の不調をカウンセリングや薬で治す他にも、マッサージや整体などの身体的アプローチを通して身体のこわばり、神経の疲労を取り、心の不調を治していくやり方もあります。

 

 

 食欲がなくなったり、ストレスでお腹が痛くなり内科を受診しても異常が見つからなかったり、気分が優れない、うつ的な症状があり、精神科などを受診してもなかなか効果が現れない場合は、心身の不調を手技によって改善するあん摩マッサージ指圧師などの身体の専門家に一度観ていただくことをオススメします。

 

 

 私もかつてはうつ病や、自律神経失調症、神経症、ストレス性の腹痛などの身体的不調に悩まされ、電車にも乗れなくなってしまったり、学校に行けなくなったり、人に会う事も怖くなってしまい、家にひきこもって誰とも会わず、人生を諦めていた時期もありましたが、心身を調整することができる整体と出会い、身体を治していただくうちに心も元気を取り戻し、社会に復帰することができました。

 

現在は出会った方々のご厚意、ご縁によって、皆様の健康を快復させていただくお手伝いをしています。かつて心身を病んでしまい、他人様のお世話になっていた私が医療の道に進み、現在は皆様の心身の不調のお悩みについて相談に乗り、施術を行なっていることを不思議に思いますが、この仕事に携わることができて幸せです。

 

 

 もし私と同じようなことで悩まれていたり、解決の糸口を見いだせずにどうしたらよいのかわからない、身体も心も苦しいと感じてる方がいらっしゃいましたら、一度お会いしてお話を聞かせていただきながら、施術を受けて下さればと思います。微力ではございますが、少しでも皆様に健康の喜びを再び感じていただけるようにお手伝いさせていただければ幸いです。

拙い文で恐縮ですが、ご精読ありがとうございました。

 

 

 

 

優治院 スタッフ

 

 

2019年08月31日